ういーす、Mr.Neckです。

12日ほどキューバへ行ってきました。


キューバといえば社会主義の国であり、
アメリカと近年まで国交を断絶していたこともあり、
未だに昔ながらのアメ車が見られるなど、独特な雰囲気を持った国です。

_DSC6172





世界遺産なども数多くあり、見所満載な国ですが、
当然ながらMr.Neckの目的は専らセクロス。

エロ旅好きな方はご存知でしょうが、キューバは実はかなりのエロスポットです。
今回の旅にて、身をもってそのことを実感したMr.Neckでありました。

セブ島編の記事が全然終わっていませんが、そのへんは後回しにするとして、
ひとまずしばらくはキューバ編に突入したいと思います。



キューバ・ハバナに到着!



IMG_20180205_113514



うおおおおおおおおおおおおおおお!!!!
夏だ~~~~~~~~~~~~~~!!!!
飛行機を降りた瞬間、南国のにおいがしてテンション爆上がりです!!!
飛行機での疲れもすべてぶっ飛びました!


実はMr.Neckは現在カナダに住んでいるのですが、
冬なので場所によっては-20℃は当たり前の世界なのです。


一方こちらハバナの気温は28℃。
約50℃の気温差wwwww
ちなみに気温差で体調を崩すことはありませんでした。
寒いところから暖かいところへ行くのは大丈夫なんだよなぁ。逆は危険だけど。



IMG_20180205_113519



飛行機から降りて入国審査へ向かいますが、この時点でワクワクです。



ちなみにキューバへの入国は、ビザの代わりに「ツーリストカード」なるものが必要になります。
日本で事前に申請することもできますが、乗り継いだ空港で購入したりもできるようです。(20ドルくらい?)

IMG_20180205_102814


Mr.Neckはトロント経由でエアカナダにて来ましたが、
エアカナダの機内でツーリストカードが搭乗者全員に配布されました。
エアカナダの航空券の代金に含まれているんだそうです。


あと、入国審査の際に、保険に加入していることを証明するものが必要である、なんて話をどこかで見ましたが、全くされませんでした。
入国審査官のおばちゃんも、いかにも細かいことは気にしなそうな顔をしていました。



IMG_20180205_121750


自分の荷物を無事受け取り・・・・・・そして両替。

上の写真は出口ロビー2Fの両替所ですが、なぜかここではできず、1Fにいけとのこと。






IMG_20180205_122411


1Fを探し回っても両替所らしきところは見つからなかったのですが、
よく見たら両替機的なものが3台くらいあるのを発見!

機械に金とか入れるの怖いな・・・なんて思ってたんですが、
この機械いかにも新しい感じで、ふつーに他の人もここで両替してました。
とりあえず1000カナダドル分を両替。たしか778CUCくらいになりました。
ちなみに空港での両替はレートがあまりよくないかと思いきや、町の両替所もほぼ同じレートでした。




IMG_20180205_123500



両替も終え、いよいよ外へ!!

うお~~~~~~!!!!
空気が暖かい!!!!
さいこ~~~~~~~!!!!!
厚着をして凍えながら歩かなくていいって本当最高!!!


IMG_20180205_124029


・・・っと、出口を出るとすぐにタクシー乗り場があるので、テキトーに交渉して乗ります。
30CUC(=30USドル)!!と言ってきましたが、
25!25!って連呼してたら観念したのか25CUCになりました。

Mr.Neckは旅先でタクシーのウンちゃんと話すのが好きなので、
乗車前に英語は話せるのか聞いたところ、「soso!」とのことだったのですが、どうやらほとんど英語は理解できないようでした・・・。

キューバの人たちに英語を話せるか尋ねると、かなりの確率で「so so」と返ってきます。
が、ほぼほぼアテにならないので気をつけましょう。笑
観光地を除いて、ローカルの人たちは驚異的に英語がわからないです。
数字や曜日、月の名前すらわからない人たちすらいます。
※のちのち登場するMr.Neckのお気に入りの女の子もそんな感じでした。

現地人情報によると、一応学校で英語の授業もあるにはあるようですが、そのレベルはかなり低いとのことです。
しかし「so so」に関しては、キャッチーだからか知りませんが、どいつもこいつも同じように手のひらをひらひらさせながら言ってきます。笑





宿・wifiについて簡単に



宿のあるセントラル・ハバナには空港から30分くらいで到着しました。
宿はAirbnbで予約しました。
1室タイプではなく、家まるまる貸切タイプです。
結果的に、本当に貸切タイプにして大正解でした。女の子をバンバン連れ込めるからです。

お気に入りの子と自宅でハメて、そのあとまた別の子を召喚する、なんてこともしてました。笑




キューバの宿泊場所の代表的なものは、

①ホテル
②カサ(民泊で1室借りる。食事などもつけたりできる)
③Airbnbでまるまる貸切

のどれかになってきます。
個人的には③が圧倒的にオススメです。

まずキューバではホテルに女の子を連れ込むことはできませんし、
1泊あたりの料金が先進国もビックリなくらい高いので①はありえません。


キューバでセクロスするときは、路上で女の子と交渉して自分のカサにつれて帰るか、時間貸しのカサ(安くても5-10CUC)をラブホ代わりにしてその都度払うというスタイルになります。


Mr.Neckの場合、12日間滞在で、毎回時間貸しのカサを利用するとけっこうコストがかかることに気づいたので、後半からはもっぱら連れ込みでした。




721c84342e5d38fc9c474464ba3e1ebe


宿の場所は赤いしるしのあるsan nicolas street。
ロケーションは周囲にローカル食堂も多く、最高でした。

最初にこの場所を選んだ理由としては、
①女の子が集まるマレコンやガリアノストリートが近い
②wifi公園が近い
③セントラルハバナなので、オールドハバナ(東側)にもVedado地域(西側)にもアクセスしやすい

の3つでした。

が、結局マレコンもガリアノも女の子に関しては初日で卒業し(この辺は詳しくは後ほど)、
wifi公園は蚊に刺されるのがいやだったので、wifiカードの購入くらいにしか使いませんでした。
代わりに地図上のセントラル公園の近くにあるHotel Inglaterraのロビーでwifiに接続していました。
③については、Vedado地域は1回しか行かなかったのでわりとどうでもよかったです。



キューバのwifi事情について超簡単に書いておくと、
・公共のwifiを使うにはwifiカードが必要
・カード1枚2CUCで1時間使える
・カードはETECSAで購入できるがけっこう並ぶ
・公園にはカードの転売屋がおり、1枚2.5~3CUCで購入可能
・wifiの飛んでいる公園がいたるところにある
・wifi公園は人が多く速度が遅い
・20分使って残りの40分はあとで使う、というように分割使用可能
・近くのホテルにいってwifiに接続するのがオススメ。その際もカード必要
・カードに書いてあるパスワードを入力して接続する



って感じです。もっと詳しく知りたい方はググってみてください。
Mr.Neckは並ぶのがしんどかったので毎回公園の転売屋から2枚セット5CUCで買ってました。
カードが偽者で使えなかったってことは一度もなかったです。




IMG_20180205_164254

IMG_20180205_164257

wifi公園はこんな感じでローカルでにぎわっています。
みんなこぞってケータイをいじっています。







伝説の漢・Jに出会う



大体13時くらいに宿に到着して早々、Mr.NeckはJ(仮名)と呼ばれる男と出会います。
彼はMr.Neckのカサの目の前のカサに住んでおり、初日から仲良くなりました。
旅全体通して、大変お世話になったアミーゴです。
彼は流暢までとはいかないまでも、英語が話せたのでかなり心強かったです。


初日はローカルレストランに連れて行ってもらったり、
近くの観光地を案内してもらったりといたりつくせりでした。
それなのに、彼は一度もチップを要求してきたりしませんし、何かおごるよ、と言ってもいらないといいます。
彼は外国人と話すことで英語を練習したり、交流するのが好きだと言っていましたが、下心なしに本当に純粋にいい人なんだなって思いました。




IMG_20180205_133323

その日の昼に飲んだ酒。なんだっけこれ。笑



_DSC6086

_DSC6142



メインの夜まで少し時間があったので、街を散策します。
どこにいってもこのようなカラフルな家が見られます。




夜!立ちんぼスポット・マレコンへ突撃!!


さぁ、昼間のハバナを満喫しているうちに(普通に楽しかった)、いよいよ夜がやってまいりました!

ここからが本番です。
初日からカッ飛ばしてよい流れを作りたいところです。


IMG_1699


と、その前にローカルレストランで腹を満たします。

IMG_1700


ピザ20CUP。(1CUC=約24CUP)
若干グロいけど味はそこそこww


説明すると長くなるので省きますが、キューバには2種類の通貨があります。
観光客向けにつくられたCUCとローカル通貨のCUPです。
キューバはCUPを手に入れることができればローカルプライスで旅ができ、特に食費が安くなります。
Mr.Neckは友人のJ経由でCUPを手に入れましたが、普通に街の両替所で手に入るみたいですよ。
ピザ1ホール20CUP、ソフトクリーム1CUP、ハンバーガー10CUP、ジュース1CUP・・・などなど、かなり安いです。



_DSC6073


そしていよいよマレコンに到着です。
驚いたのは、街頭が少なくてとにかく暗い!!


marekonn


先ほどの地図でいうとこのへん。

事前に調べた情報によると、
ここらへんは夜になると立ちんぼがウロつきはじめるスポットで有名とのこと。


・・・しかし、この日は月曜日だったからなのか、
ほっとんど人がいませんでした。一般的に週末のほうがにぎわっています。
マレコンには旅を通して何度か行きましたが、聞いていた情報ほど逆ナンの嵐だったり、美女だらけだったりって感じは、Mr.Neckの実感としてはなかったです。

ローカル情報によると、それは最近警察の警備が厳しくなってきているからとのことです。
たしかに、ちょいちょい警察がツーマンセルで歩いているのをみかけました。




その後も一通りマレコンを歩いてみました。
しばらく見てみましたが、なかなか可愛い子がいません。
というか、それらしきそれらしき女の子があんまり見当たらない。
2~3人ほどセクシーな服を着た、いかにもといった感じの子たちがいましたがイマイチ・・・。


うーんどうすっか・・・・
このまま何もなく宿に戻るのだけはイヤだ・・・

なんとしてでも今晩はヤリたい・・・

でもそもそもいないしな・・・

若干諦めかけていたそのとき・・・・・!!!!!!






よさそうな女の子を発見!!



いました。
ひときわ眩い光を放つ子が。



どっかの建物の入り口のところに腰をかけて、こちらを見ています。
「ハ~イ!」
と声をかけてくれたので、Mr.Neckも出発2週間前に叩き込んだスペイン語で「Hola!」と返しました。


Mr.Neckの中では、もう見た瞬間にこの子が良い!!と思いました。
その子のほうに駆け寄り、一緒に来ていたJにお願いし、この後の流れ、料金などを聞いてもらいました。(Jはこの後すぐ帰りました)

時間貸しのカサに一緒に向かい、そしてヤる。という流れです。
女の子の値段は50CUC。カサ代10CUCでした。

ちなみにこの子にも英語は話せるのか聞いたところ
例のごとく「so so」と答えてきましたが、ほとんどわかってませんでした。笑




IMG_1705


こういうアングラな感じの写真大好きです。笑

キューバでは観光客と現地の女の子が一緒に歩いていると、警察に止められて事情などを聞かれ、最悪逮捕されます。ですので、このように少し距離をとって歩いていくのが普通です。
女の子がどこかのカサに入るので、それに続く感じです。


Mr.Neckは後ろ姿をみながら、これからこの娘とスることを想像していました。

脚が良い。最高に良い。すべすべしたい。
おしりの形もよいので、絶対膣内はぷにぷにで気持ちいいんだろうなぁ・・・。


_DSC6082

ジェシカ 20歳


エロい!!!おっぱいも大きい!!

写りがあんまりよくないのが残念ですが、実物はもっと美人でした。




さぁ、カリブ海の女の子を!キューバの女の子を味見といこうではないか!

プレイはシャワーもなく始まりました。

まずはディープなキス。
次第に息が荒くなってくるのがわかります。

Mr.Neckもかなり気合が入っています。
今晩はとことん愛してやろうじゃないか、という意気込みです。
相手がもうMr.Neckのことを忘れられなくなるほどのセックスをしてやろうと思いました。

服を自ら脱ぎ始めました。
こっちにも脱ぐように催促してきます。

ブラジャーをぽつんっと取ると、おっきなおっぱいが登場。
Mr.Neckは待ってましたと言わんばかりにしゃぶりつきます。

お互い全裸になると、ジェシカの手がイツモツへとやってきて、優しくさすってきます。

ジェシカは当然のようにパイパンです。
でも若干剃り残しのあるようなパイパンでした。それもそれで悪くないがww

Mr.Neckがまんこを触ろうとすると、拒否されました。

ナニィ!?

旅全体を通して後になって気づきましたが、どういうわけかけっこうな確率で手マンが苦手な子が多かったです。

まぁMr.Neckも少し潔癖なところがあるので、触れないなら触れないでそれでもいいやくらいに思っていました。シャワーも浴びてないし、衛生面もようわからんので。


直接マンコを触らなくても、他のところで濡れさせるのみ!!

と思っていると、
ジェシカがイチモツを咥えます。

おおっ!いいっ!
なかなかのテクニシャンです。

しばらくフェラをすると、「コンドーム」と言ってきました。
どうやらもう挿れたいみたいです。

よかろう!

Mr.Neckはすばやくコンドームを用意し、装着しました。

Mr.Neckは仰向け体勢。ジェシカが上にまたがり、チンコをマンコにあてがいます。

そして・・・・

・・・ズブリッ・・・!!


うおおおおおお!!!
きつい・・・!

なんだこの締まりは?!

言い表しがたいですが、アジア人とはまた異質です。
吸い付いてくるような感じです。
これが中米のオマンコなのか?!


ジェシカはゆっくりと腰を上下させます。
ずぶずぶっと下へ。ぬぬぬっっと上へ。

上へ上がるときに、マンコがぴったりと吸い付いているのが見えます。
電気はつけたままだったので、はっきりとよく見えました。


き、きもちいいいいいいいいいい!!

ジェシカはあまり大きな声で喘ぎません。(このカサがボロくて隣に丸聞こえだからか?)
ですが、息は荒く、自分で腰を振りつつしっかり感じているのが伝わってきます。

Mr.Neckはそのまま抱き寄せ、お互いに腰を振り続けました。
Mr.Neckは下、ジェシカは上。
深く、強く。時折ディープキスをしつつ、お互いに激しく突き合います。


5分ほどするともう我慢の限界でした。
発射したい・・・発射したい・・・!!

「イクぞ・・・・!!うおおおおおおおおおお!!」

3日ほどオナ禁していた分をすべて放出してやりました!!

最高!快感!!



_DSC6081hennshuu


エッチ後のツーショット。

帰り際に「明日も会う?」的なことを聞いてきました。

ふむ。
他の子も試したいけど、今日の感じだと、いい子見つからないリスクもあるし、明日もこの子と会うのもアリだな。

「でもお金ないから、40CUCにしてくれるならいいよ」と伝えるとOKとのこと。

次の日22時に待ち合わせをしました。


あ~ひとまず安心。
良い初日を過ごしたわ~~~。

最高な気分で、てくてく宿へ戻るMr.Neckでありました。
(この夜の散歩もけっこう気持ちいい)

ジェシカ
ルックス ★★★
性格   ★★★★
締まり  ★★★★
プレイ  ★★★★★
感度   ★★★
擦れてなさ★★
英語   ★
コスト  50CUC