どうもMr.Neckです。

【セブ島】ビキニバーの緑の女の話と同じ旅での話になります。2016年5月GW。


2日目に緑の女とハメて、3日目も夜な夜な遊びにいくつもりでいましたが、
あまり体調がよくなかったので、夜は無理せずホテルで休むことにしました。


そして今回の記事は4日目について。

最後の夜ということで、なんとしてでも最高なセクロスをしようと気合は最高潮です。体調もバッチリ!


・・・とはいえ、夜まで時間があるので、せっかくなのでリゾートを味わうことにしました。



プランテーションベイリゾートを満喫!


こちらマクタン島にあるリゾートホテル。
宿泊しなくても、デイユースで施設が使えます。

セブシティから大体タクシーで1時間~1時間半で、タクシー代は300-400ペソくらい。
施設はジム、スポーツコート、プライベートビーチ、プールなどがありました。

デイユース&ランチブッフェでたしか2000ペソくらいだったと思います。





IMG_9139

IMG_9143





みよ!この水色を!!

これは完全ホテル施設内の写真。
海水を直接ひいているんだそうです。
プールみたいに深いところ、浅いところがあってよかった!
ホテルに管理されているので波もなく快適です。


IMG_9142

こちらはプール。
施設内にいくつもありました。

ってかこれ1人で来るところじゃねーわwwww



IMG_9155

テニスコートもあります。
Mr.Neckはテニス大好きなので、猛烈にテニスがしたくなったのですが、あいにく相手がいません。。。

そこでダメもとでホテルスタッフに対戦相手を手配してほしい旨を伝えると、
フィリピン人のテニス経験者がどこからか連れてこられて相手してもらえることに!!

コート代、人件費(?)、ラケット貸し出しなど全部込みで2時間500ペソくらい?でした。

いやぁー夜のセクロス前に良い汗を流せてよかった~w


IMG_9175

IMG_9169


そしてこちらはいかにもリゾートといった感じのこ綺麗なランチ。
この春巻きみたいなの、すっげーうまかったww


・・・と、まぁこんな感じで日中はのんびり過ごしました。
十分リゾートを満喫できたので、セブシティへと帰ることにします。

その時点で16時くらいでしたが、この時間帯はマクタン・セブシティともに交通渋滞がえげつないことになります。
タクシーで帰ろうものなら、2~3時間かかってもおかしくありません。
なので、車の間をぬってビュンビュン進んでくれるモーターバイクを交渉してシティまで戻るのがgood。
※危険度は増すので自己責任で

1時間ちょいくらいで帰れたんじゃないかな?
他が渋滞で身動きとれていない一方、風を切ってどんどん進めるので爽快でした。





さぁ!マンゴーへ繰り出すときがきた!


ホテルでシャワーを浴び、準備万端!!

さらにテンションにブーストをかけるためにも、またアヤラのテラスのバーで時間をつぶします。


いろんなビキニバーをはしごするのもよかったのですが、
初1人海外で少しびびっていたのもあり、ふたたびVolvoへと向かいます。
ママさんいわく、この日に来れば女の子が多いとのことだったので、ドキドキワクワク!


ラムコークを飲みつつ、タバコに火をつけ女の子を物色します。

すると・・・いました!!

ひときわ輝くタイプの子が!!!

ママさんにその娘を呼ぶよう伝えます。

どうしよう。また近くに呼んだらイメージと違ったら・・・
そしたら店を変えよう・・・とか思考が一瞬脳裏をめぐったわけですが、


か・・・かわいい!!!!!!

隣に座らせてみると、とても好みの女の子でテンション爆上がりのMr.Neck!
しかも愛想もよい!!



pic1



名前はチーチー。
その名の通り、乳もデカい!年齢は20歳。
写真は本人にもらったものです。直接撮ったのもあるんですが、今手元にないのでこれでご勘弁を。


間違いなくあのとき、Mr.Neckの目はハートになっていたと思います。
楽しい気持ちが伝わったのか、チーチーもMr.Neckに好感をもってい(るように見え)ます。

こりゃバーファイン一択っしょ。
ママさんに4000ペソ支払い、シータクでラブホへと向かいます。


Queens Land アゲイン!w

ホテルはチーチーにおまかせして到着。

オィ!このラブホ、緑の女ときたところと同じじゃねーか!笑
ビキニバーの子たち御用達なのか?と当時のMr.Neckは思っていましたが、どうやら本当にそのようです。

Queens Landはチェーンなので何店舗もあります。
そんときは3時間200-300ペソとかだったかな?
ぼったくってくる店舗もあるので注意。
ちなみにラブホではなく一般的には「モーテル」と呼ばれています。


さて、さっそく入室したわけですが、Mr.Neckは先日もきたことを悟られないように、
あたかも初めて来たかのように装います。

ベッドに腰掛け、軽く写真を撮ったりして遊んでいましたが、
この時点でもう興奮がとまりませんでした!

そのへんに放ったカバンなど私物にも生活感が出ていてこれがまたある意味エロい。
全然プロっぽさがなく、かなり素人っぽい。本当かどうか定かではないが、経験も浅いらしい。




いちゃいちゃしつつ、2人で布団にもぐりこみます。
寝転がりつつ、後ろから抱きついてみると、とても気持ちがいい。
華奢ではなく骨格がしっかりしているからか、腕を回すとたしかな人間の質量を感じられます。
手にチーチーの乳がかすかに触れている。
でもMr.Neckはすぐには触りません。もったいない気がしたからです。
もう少し、もう少し、彼女をじらすというよりかは自分自身をじらすようにもったいぶります。


そして、こちら側に顔を向けてもらい濃厚なキス。
シャワーを浴びてからプレイするつもりでしたが、我慢ができず、
そのまま服を脱がせて開始します。


やはりこの子、エロい。


Mr.Neckのズボンとパンツを脱がせようとしてくれます。
そしてイツモツがあらわになると、これが欲しかったといわんばかりに咥えます。


Mr.Neckが彼女のマンコを触ると、すでにびちょびちょ!
そのまま手マンをしばらくしていると、挿れたいと言ってきます。
ゴムなしでもいけたと思いますが、念のためオカモト0.02を装着。
すると、チーチーがMr.Neckに仰向けになるよう言ってきます。
なんと、自ら騎乗位の体制で挿入してきました。なんとエロいんでしょう!


2日前の緑の女とは大違いのクオリティ!
そのままお互い腰を振り続け、騎乗位、バック、正常位と激しく交わり、


大量に発射!!!!



発射した瞬間、走馬灯のようにセブへ旅立った日からその日までの記憶がものすごい速さで脳内を駆け巡ったのを感じました。
Mr.Neckはまだ彼女の膣内にいます。
そのまましばらく抱き合っていました。







お互いいい感じに汗をかいたので(テニスのときもビックリなくらい)、交互にシャワーを浴びました。

部屋は3時間とっていましたが、まだ時間があるので、彼女のことについて色々話を聞きました。
当時のMr.Neckのリスニング力はダメダメでしたが、

・中卒だから今年中に高校へ行きたいと思っていること
・でも自分よりも妹に進学して欲しいから、妹のために働いているということ
・元彼がチーチーの親友を妊娠させたこと(えげつない)
・親友がらみのエピソード

など色々話してくれ、それを聞いているうちに、
ああ、この子にも家族や友達がいて、そこには普通に生活があるんだ・・・とか考えちゃいました。



自分の中の印象で、ビキニバーにいる子ってもっと擦れていて、
仕事だから「プロ」としてお客を相手に体を売っているだけなのかと思ってた。

でも、チーチーの人間の心が通ったストーリーを聞いているうちに、
みんなそれぞれの事情があって、普段は普通の1人の女の子なんだなって。


で、気づいたら彼女のことを好きになっているMr.Neckがいた。
風俗の女に恋をするなんて、ありえない話だけど、愛をもって接していた気がします。
(さすが風俗初心者)


しかも不思議なことに、話を聞いているときに心が通っているのを感じた。
英語なんてロクに聞き取れないクセに、何を言っているのかがわかった。
もともとハートで外国人とコミュニケーションとれちゃう感じではあったけど・・・なんというか。もっと、深く、強く。






そのあとはもう激しかった。



2回戦目。
イチモツを咥える口が熱い。


仰向けになったMr.Neckの両手をガシッとつかんで覆いかぶさるチーチー。身動きが取れない。
そのままディープキス。胸に触れたチーチーのチチが心地よい。


興奮度MAX。
おそらく彼女も我慢できなかったんだろう、
俺たちは当然のように生で挿入。

1回戦目よりもはるかに彼女のあえぎ声が大きく、プレイも激しい。


騎乗位からバック、寝バックと体制を変え、
ディープなキスをしつつ、正常位でフィニッシュ!!
奥に強く、激しく、2回目とは思えないほどの量を出しました。



そのあとはしばらくピロートークをしていましたが、
Mr.Neckのイチモツが再び硬くなってきたので、
激しいセックスの上、もう1発思いっきり中出ししました。

きもちよすぎぃ! ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村