どうも、旅好きのMr.Neckです。

突然ですがブログをはじめることにしました!
主に海外での旅、特にエロ関連がメインになると思いますが、よろしくお願いします。


さて、第一号の記事となりますが、さっそくセブ島で交わったときの話を。


2016年5月、GW。
会社の休暇を1週間ほどGETしたので、前から気になっていたフィリピン・セブ島へ4泊5日の1人旅をすることに。


海外初の1人旅。
最初は英語が話せる中学のときの先輩に影響されて、英語話せるようになりたいなぁと思い、
セブの語学学校へ短期留学しようかなとも思ったんですが、費用的な面で断念。
事前にある程度自分で簡単なフレーズだけ覚えて、現地人と絡みつつセブで1人旅をエンジョイしよう!くらいの感じで計画しました。

・・・と、セブに何があるんだろう、とググっていると、
何やらビキニバーなるものを発見します。
ビキニバーというのは、タイのゴーゴーバーのフィリピン版です。
ビキニを着た女の子たちがステージで踊り、気に入った子がいればキャバクラのように隣につけたり、そのままバーファインと呼ばれる連れ出し料を払えば、ホテルに持ち帰って本番することも可能です。

バーファインの2016年当時の相場は、中堅クラスのお店で大体3000-5000ペソ(7000-10000円)くらい。
高級店(Arenaなど)で6000-8000ペソ(13000-18000円)くらいでした。

交渉次第ではもっと下がりますが。



当時海外風俗なんて未経験だったMr.Neckにとっては衝撃的でした。
それ関連の記事を読めば読むほど、興味がわいてきて、コレだ!!と決意します。

そう、初1人海外は、何が何でもセクロス祭りにする。そう誓ったのです。


俄然、英語学習のモチベーションが爆発的にあがりました。
出発前の1週間、仕事以外の時間は英語学習に費やしました。


そしていよいよセブ到着


IMG_9009



現地時間19時ごろ、セブ・マクタン空港へ到着。


すごい!!
東南アジアのにおいがする!!!!

東南アジアにきたのは2年~3年ぶりくらいでした。

この空気のにおい、重量、ほんとうにたまりません!

初の旅だけあって、不安もありましたが、それと同時に底知れぬワクワク感もありました。

このあとタクシーでセブシティにあるホテルまで向かわなければなりません。



IMG_9010




しかし、タクシー乗り場のこの行列!!

ほとんどはフィリピン人でしたが、彼らは長時間ただ待つことにあまり抵抗がないようです。


行列に並んでいると、セブシティで留学中の台湾人の女の子に話しかけられ、セブシティまで一緒にあいのりしていくことになりました。
その子は冗談抜きで超美女だったので、幸先がいいなーと思いました。あわよくばヤリたかったです。

でも、その子が超英語堪能だったのに対し、自分はそれなりに準備したつもりだったのにうまく言いたいことをいえず、若干ショックを受けました。笑

しかしこれもまた、今回の旅でなるべく人と絡んで(交わって)、英語力も鍛えるぞ!というモチベにつながりました。



IMG_9020



ここが泊まったホテルことQuest Hotel。
アヤラモールまで徒歩3分。
かなり綺麗でお湯もでました。

この日は夜も遅かったのと、こんな時間に外に出るのが怖かったので就寝w



そして、2日目。


IMG_9023




テキトーに観光スポットをまわります。
たいして興味はなかったのですが、
メインの夜まで暇だったので、ダウンタウンにあるサンペドロ要塞(Fort San Pedro)へ。


IMG_9032




なんでもない東南アジアの光景ですが、
こういうトタンの壁が、ゾクゾクするほど好きです。






IMG_9063



お昼ごはんは噂のjolibeeへ。
安い!うまい!しかし行列の待ち時間が長い!



IMG_9043




その後はフィリピンの巨大ショッピングモール、SM sea sideへ。海沿いに立地しているのでsea sideです。
ちなみにSMモールはシティのほうにもあり、本当はそこへ行きたかったのですが、なぜかタクシーの運ちゃんがこちらに・・・。ついでに超ボラれました。

不慣れ感満載な顔をしていたからかもしれません。



IMG_9044



ちなみにこのときSM sea sideはまだわりとできてまもなく、
行ったはいいもののモールに店が全然ないスッカラカンな状態でした。


IMG_9057


フィリピンのコーヒーチェーン BO`S COFFEE。



IMG_9053


マウンテンデューのボトルが真緑なのに感動し、ペットボトルは日本へ持ち帰った記憶があります。



IMG_9049



スーパーでうたっていたゲイっぽい青年店員。
Mr.Neckが日本人だとわかると、日本の歌をうたってくれました。

こういう陽気な雰囲気、最高!



IMG_9060



そのあとはモールを出て、夜行く予定の「マンゴーストリート」の下見に来てみました。
昼間だったのにもかかわらず、かなりビビっていたのを覚えています。

ちなみにこの「マンゴーストリート」にはかなりの数のビキニバーがあります。
※2016年当時



IMG_9080



さて、テキトーに散策して時間をつぶしていると、日も暮れてきました。
ビキニバーは大体どこも8時から開店になり、かわいい子は早くしないと他の野郎に取られると聞いていたMr.Neckは、アヤラモールのテラスのバーでカクテルを飲みつつ心の準備をします。ドキドキ・・・。





いよいよビキニバーへ潜入!



前置きが長くなりましたが、下見がてら最初にいった店はVolvo。
オスメニアサークルから徒歩3分。気合をいれて8時10分くらいに店に到着しました。
入場料100ペソを払い中へ。

中央のステージで女の子がポールダンスをしており、ソファからそれを眺める感じです。
Mr.Neckは内心怖い気持ちと不安がありましたが、ママさんが良い感じに絡んでくれたので大丈夫でした。

「オンナノコは!?」「オンナノコみる?!」とカタゴトの日本語でしきりに誘ってきたので、
事前に覚えてきた英語で「ショーアップ!!」と答えました。

ショーアップと言うと、在籍している女の子たちがずらずらと目の前に並んでくれます。
気にいった子がいたら、腰についている番号を伝えて、その子をとなりにつけます。

なかなかピンと来る子がいません。
ここで無理につけるよりも、他のお店も見てみたかったので、とりあえずVolvoを去ることにしました。



そして次に向かったのが、マンゴーストリートのビキニバーが大集合しているあたりにある、Love city。
店の前の客引き経由でいくと謎の手数料を取られるので、すべてスルーして入店。

ここのママさんはやたらと酒を買わせようとしてきます。
1人で10分くらい酒を飲みつつ、移動するか、それともこの中の女の子で決めてしまうか考えましたが、当時夜歩きに慣れていないMr.Neckにとっては、店と店の間を移動するだけでもかなりの体力を消耗してしまうのでした。

それに、その時点で1000ペソ以上飲んでいたので、どうせなら1発ヤッてやろうと思い、お店の中でも比較的よさそう(に見えた)子を隣につけました。
でも近くで見るとギャル系でタイプではない・・・。かといって無理なわけでもない・・・。

若干悩みましたが、初の夜だしこれも勉強だと思い、4000ペソで持ち帰ることにしました。

ビキニから私服に着替えると、緑色のワンピースでした。
なので自分の中で勝手に緑の女と呼んでました。

自分のホテルに連れ込むのはいやだったので、タクシーでラブホへ。
そのときはどこのラブホなのか知りませんでしたが、その後も何度もお世話になったQueens Landだとのちのち気づきました。


順番にシャワーを浴び、ビバ・セクロス!!

濃厚なディープキスからはじまります。
服を脱ぐと、スタイルはなかなかなもの。きれいな曲線です。

おおぉ!これがフィリピーナの肉体か!!



首筋、乳首とせめていき、あちらもちゃんとフェラもしてくれました。

しかしながら、こちらは外国人特有のにおいがちょっとキツくて、イマイチ集中できませんでした。
※今となっては気になりませんが。


ゴムあり挿入してバコバコやるも、精神的な問題でなかなかイケません。


You don`t like me?と彼女。
I like you! Sorry! となぜか謝るMr.Neck。

結局発射することなく、その日は終わりました。


ちくしょ~~~~~!!!!!


しかしこういうときは今回発射しなかった分、次回爆発的に発射できる!とプラスにとらえるのが一番。

自分のホテルに戻り、イチモツを徹底的に洗い、次こそはと意気込み寝床につきました。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村